2014年11月26日

「オワタ市の腹黒市長」概要説明

ゲームマーケット2015大阪で頒布予定のゲームについて説明します。
-------------
プレイヤーの皆さんは、架空の市「オワタ市」の議員です。
市長は議員同士の直接選挙で選ばれ、選ばれた市長の政策によって個々の議員の得られる利益が変わってきます。

そんな議員の中に、何人かの「腹黒議員」が混ざっています。
腹黒議員たちは徒党を組み、自分と仲間たちだけで利益を独占しようとしています。

それに対する「潔白議員」は、真っ当な政治を目指そうとしますが誰と手を組むべきかはわかっていません。
腹黒議員たちの陰謀が成立してしまうのか、潔白議員がそれを阻止するのかはあなたたち次第です。
-------------
このゲームは、5〜15人で遊べる正体隠匿ゲームです。
プレイヤーは「腹黒議員」側と「潔白議員」側に別れて、より多くのポイントを集めたチームが勝利します。
腹黒議員は人数が少ないもののお互いの正体を知っています。
逆に潔白議員は、味方がわかっていませんが人数は相手より多いです。
5回の選挙を行い、それぞれに市長を選び、それぞれの市長がランダムにポイントの書かれたチップを引きます。
市長は引いたチップを各プレイヤーに一枚ずつ配りますが、点が大きいということはその市長から味方だと思われていて、小さい場合は手を組みたくないと思われています。
あるいはそんな意図はなく、単に全体的に点数が高い/低いチップを引いただけかもしれません。どちらだったのかは市長だけが知っています。
腹黒議員は、何も知らない潔白議員と手を組んで油断させるもよし、人畜無害な市長の振りをして利益を掻っ攫うもよし。
潔白議員は、そんな腹黒議員にだまされないように味方を探してください。
posted by 京山 和将 at 23:04| Comment(0) | ゲーム制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サークル紹介

このブログは、アナログゲームを制作する個人サークル「昼夢堂」のブログです。
サークル名の由来は、江戸川乱歩が色紙に添えたという以下の言葉です。

昼は夢 夜ぞ現
(ひるはゆめ よぞうつつ)

「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」という表記も有名かと思います。
出展するブース名をつけるときにとっさに思いついた名前ですが、
現実より没頭できるほど遊びたいものです。
posted by 京山 和将 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム制作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする